当社での丸洗いは単に丸洗い(ドライクリーニング)をするだけではありません。
ドライクリーニングだけではしみ・汚れはほとんど落ちません。

当社では丸洗いをする前に袖口・衿・裾回りの汚れを先に落とします。丸洗い後、端から端まで点検し、しみ・汚れをすべて落としてから 仕上げます。料金にはこれらすべてを含んでいます。他社のように(他社ではしみ落とし料金は別途かかります。)料金内容が不明瞭ではありません。

また、キモノや長襦袢は一度でもお召しになれば汗を吸っています。見た目では汗汚れは見えませんが、日が経てばだんだんと黄じみとなります。 丸洗い(ドライクリーニング)だけでは汗じみは全く落ちません。特に長襦袢は汗をたくさん吸っていますので、脇・背中・衿首・袖口は部分洗いをしなければ 変色してきます。当社の丸洗いは見た目では汚れていないように見えるキモノや長襦袢でも、必ずこの汗取りを行います。長襦袢に半衿が付いていない場合や、半衿の汚れがひどいものについては半衿を新しく付け替えて納品いたします。
当社では、舞妓さんや芸妓さんのキモノの制作や洗いも行っていますが、他店に洗いを出されていたキモノや長襦袢・裾引きなど、それまでに 洗いに出されていたにもかかわらず、古い汚れが取れずどんどん重なってドロドロの状態になっていたのには驚きました。
舞妓さんや芸妓さんは日常的にキモノをお召しになりますのでズサンな汚れ落としでは綺麗になりません。汗のみならず、しみや汚れも隅々 まで点検し直しておかなくてはキモノをお召しになるプロとして恥ずかしいことです。
特に、舞妓さんや芸妓さんがお座敷や舞台でお召しのなる裾引きのキモノは、裾を引きずりますので裾裏の汚れがひどく、その都度徹底した 汚れ落としが必要です。当社と一度お取引いただいた舞妓さんや芸妓さんのキモノは着る季節が終了ごとに、すべてのキモノを当社へ洗いに出してこられます。
キモノをいかに綺麗に着てもらうかを考えてサービスに努めているこの精神が認められ、お客様が徐々に増えてきています。


このウインドウを閉じる

CopyRight 2004 Suihu All Rights Reserved.