■染め替え実績1

桜の柄振袖の染め替え


桜の柄の振袖です。染め替え前の色は胸・肩部分はグレーのぼかし。地色はブルー。裾は金茶色のぼかしでした。全体に薄い色のため桜の柄もぼやけていて汚れやヤケが目立っていました。
まず、全体に洗いをし、表面の汚れを綺麗にし、染料が均一に浸透するように特殊な加工をします。次に、桜の柄の輪郭に糊置き(お誂え/工程 3)をします。その後はお誂え・制作工程の順に加工を進めます。


染め替え後の色は、胸・肩部分はパープル色のぼかし。
地色を古代紫にし、裾は朱ローズのぼかし色に、金箔で豪華さを出しました。新しく感覚の違う振袖によみがえりました。

加工代金は¥105,000(染め替え代金のみ・消費税含む)です。
染め替え前
染め替え後

TOPページに戻るには上の翠風をクリックしてください。


CopyRight 2004 Suihu All Rights Reserved.